スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
オリエンテーリングとは?
2014/03/14(Fri)
 こんにちは。今日から新入生の入学手続きですね。うちのOLTもビラを配ったりメアド聞いたり色々やってると思います。
 ちなみにメアドは普通に教えて大丈夫です。少なくとも筆者のスマホには夏以降そういうとこからメールは来なくなりました。(LINEの友達かも?ってとこに出てきたりはしますけどね)


 さてさて、今日はオリエンテーリングとは何か、ということを書いていこうと思うのですが・・・
去年先輩が書いた記事があるんですよね。そっちも参考にしてみたらいいと思います。
 
 オリエンテーリングは、山の中にあるポストを順番に通ってゴールするまでのタイムを競うスポーツです。
 いわば山の中のスタンプラリーですね~(丸パクリ)
post.png ←ポストってこんなの

 しかしポストの位置っていうのは開始直前に渡される地図にしか載ってないのです。いかに早く地図を読み取り目的地へ向かうかを競う、というような感じですね。

 これがなかなか奥が深くて、次のポストに行くまでのルートのチョイスとか、どこを目印にして進むかとかで同じ走力の人でも全然タイムが違ったりするんですよ。運動能力だけでなく知力も求められるスポーツなんです。
 
 新入生は東工大を合格しているから知力は問題ないでしょう!
・・・という冗談はさておきやっていくうちにちゃんと慣れていくので地図が不安な人も大丈夫です。全然。ノー問題です。
某部員Hさんも最初は暴走気味でしたが最近は堅実な走りができるようになりました。
もちろん走力の方も走っていくうちにちゃんと伸びますよ。某Hさんは・・・最初から速かったか。

 
 とまぁだいたいこんな感じですね。あれこれ言ったけどやっぱり実際にやってみるのが一番だと思います。
OLTも体験会とか予定していますから興味があったらぜひ来てみてください。

 このブログもちょくちょく更新していく予定ですので次回も読んでくれると嬉しいです。
だんだんOLTの実態とかも伝えていけるといいかな~

それではまた。
スポンサーサイト
この記事のURL | オリエンテーリング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2012年度インカレミドル・リレー@日光所野 その3
2013/03/31(Sun)
 さてさて、ついに3/9(土)のミドルディスタンス競技部門について書かせていただきます。

 この日は風が強かったような気がします。会場が学校だったので砂煙が舞って目に入り、とてもつらい思いをしました。ただ、オリエン中はもちろん楽しく、仲間の応援時も盛り上がりました。

 テレインについてですが、日光にしては全体的にはゴツく、しかも精度の高い地図読みが要求される微地形が所々に見受けられました。
 大体のレース距離については、クラスごとにもよりますが、男子は2.5~5キロ、女子は1.5~4キロでした。

 結果は、選手権Bの部に出場した曽原が、なんと、3位入賞という輝かしい成績を残しました!
 ↓表彰式(1番右) あれ、1番右の人だけ旗持ってないけど…
hyoushou


 OLT部員全員の結果を書こうと思ったんですが、新入生にとっては部員の名前を連ねられてもわからないと思うので入賞者だけにしときます。サボりじゃありません(笑)
 興味を持ったら、大会の詳細結果やエリートクラスの成績上位者のルート図が↓にあるんで是非見て下さい。 
IC2012 ミドル競技部門 結果

 ちなみに、Lap Centerの見方も簡単に紹介します。
 そもそもLap Centerとは、オリエンテーリングの大会の結果を見ることが出来るサイトです。
 主に、各大会の「記録一覧/ラップ解析」をクリックして、自分の出場したクラスをクリックすると自分の成績を確認することができます。
 単にレースのタイムを確認するだけでなく、レッグ(コントロールから次のコントロール)ごとのタイムや、コースを通しての巡行速度、ミス率など様々な角度から自分のオリエンを反省することができるので次のレースに役立てることができます。
 また、大きな大会ではエリートクラスの成績上位者のルート図を見ることができ、オリエンが上手い人はどのようなルートを走っているか知ることもできます。
 是非毎レース確認しましょう。
この記事のURL | オリエンテーリング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2012年度インカレミドル・リレー@日光所野 その2
2013/03/28(Thu)
 2週間以上ぶりですね(笑)
 今回からは前回に引き続いてインカレミドル・リレーのことについて書いていきたいと思います。前回である程度の大会概要は書いたので、特に今回のインカレミドル・リレーについて書きます。

 まず、モデルイベントは3/7,8にありましたが、OLTは3/8に行きました。大会で使われるテレインの南東に位置するテレインが使用されました。
 ↓テレインの特徴を確かめている様子
model_event.JPG

 モデルイベント後には開会式が行われました。
 開会式では選手権Aの部の選手紹介やスタート抽選などが行われました。OLTからは戸上、山本が選手権Aの部に出場し、戸上がトップスタート(11:45)、山本が12:37スタートになりました。
 ちなみに、トップスタートになった戸上は選手宣誓を行いました。O-News記事→2012年度春のオリエンテーリング学生選手権が開幕

 開会式後、宿舎に移動しました。どの大学も1枚の地図の中に集まっている中、OLTだけは沖縄みたいに別地図になっていて除け者扱いされました(笑)
 ↓登喜和旅館がOLTの宿舎です
map
 宿舎では翌日のミドルディスタンス競技部門に向けてミーティングを行いました。
 ↓ミーティング中
meeting


 以上が3月8日のようすです。次回は3月9日のミドルディスタンス競技部門について書く予定です。
 そして、明日からは毎日記事書いていきます!
この記事のURL | オリエンテーリング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2012年度インカレミドル・リレー@日光所野 その1
2013/03/12(Tue)
 お久しぶりです。また久しぶりの記事になります(笑)
 今回は、3月8~11日に栃木県日光市で行われた2012年度インカレミドル・リレー(日本学生オリエンテーリング選手権大会)について書きたいと思います。
 ただ、詳しく書いていくとなると1つの記事にまとめるのが大変になるので2,3回に分割します。


 まずは、インカレミドル・リレーとは何かについて説明します。
 インカレミドル・リレーはインカレロングと対?になっている大会で、国内のオリエンの大会の中で最も大きいと言っていいほど盛大な大会です。
 ちなみに、インカレミドル・リレーは春に行われるので春インカレ、インカレロングは秋に行われるので秋インカレとも言うそうですが、そんなこと初めて聞きました(笑)
 全国の大学生が集まって行われ、競技だけでなく、モデルイベント(本番と同一基準の地図を使用して、本番に注意すべき点を確かめるイベント)、開会式後夜祭(全国の大学生との飲み会)、講習会もあるので、数日間にわたって開催されます。


 競技は、ミドルディスタンス競技部門リレー競技部門があります。

 ミドルディスタンス競技部門は、その名の通り中距離のオリエンで、だいたい普段の大会と同じくらいの距離で競技します。
 大学生が基本的に参加するクラスとしては、男女別でそれぞれ選手権A(MEA,WEA)、選手権B(MEB,WEB)、一般の部があります。
 さらに、一般の部はオリエン2年目以降のクラス(MUA,WUA)と1年目のクラス(MUF,WUF)に分かれています。
 他に一般の部には中級者クラス(MUB,WUB)や当日エントリーのクラスがあります。

 選手権A,Bに出場するためには事前に行われる地区ごとのセレクション(毎年12月くらい)を通過しなければいけないので、セレクションを通過した全国の強者が繰り広げる白熱したバトルには興奮せずにはいられません!
 また、どのクラスでも上位には表彰があり、非常に盛り上がるので、お祭りみたいに楽しいですよ!!

 続いて、リレー競技部門は、大学ごとに3人1組としてリレー形式で行うオリエンです。
 選手権の部(MER,WER)、一般の部の男女別チームのクラス(MUR,WUR)、男女混成チームのクラス(XUR)に分かれています。
 リレー競技の方は新人クラスはありませんが、一般の部での新人特別表彰があります。

 特に、選手権の部は大学の威信をかけて行われるのでミドル競技以上に注目を集めます!
 競技中、選手がスタート時や会場を途中通過するとき、ゴール時の盛り上がりは最高潮に達します!!

 今回のリレー競技のハイライトがyoutubeにあげられているのでぜひご覧ください!
 動画はこちら→IC2012 relay


 競技が終わってもまだまだイベントは続きます。

 ミドル・リレーが行われる昼の部に対して、夜の部には後夜祭があります。
 何をやるかっていうと、飲み会です(笑)
 ただの飲み会じゃありません、全国の大学生との飲み会です。
 伝統芸をやってくれる大学がいくつかあるのでそれはそれは盛り上がります(笑)

 そして、最後に講習会が行われます。
 全国のライバルととも共にオリエンの技術を切磋琢磨できるとても良い機会となるでしょう。
 また、講習会は一泊二日なので後夜祭に加えてさらに交流が深まるのではないでしょうか。

 …講習会には参加できなかったから想像でしか書けない(笑)めっちゃ行きたかったので悔しいです。


 ここまで書いた通りインカレミドル・リレーはとても大きな大会だということがお分かりいただけたでしょうか?
 オリエン界では1年間の総まとめなので、このイベントにかける気持ちはとても強いです。
 大学生活の中でも思い出として非常に心に残ることでしょう。

 今回の記事はまったく写真が入ってませんが徐々に追加していくつもりです。

 さて、インカレミドル・リレーの説明だけになってしまって、今回の出来事、結果は書けなかったので次回しっかり書きます。 
この記事のURL | オリエンテーリング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オリエンテーリングの魅力
2013/02/28(Thu)
 こんばんは、今回はオリエンテーリングの魅力について簡単に紹介します。
 前回の記事に書いたように、OLTは2/22~2/24に栃木県の矢板でインカレミドル直前合宿をしたので、その時の写真に関連付けて書いていこうと思います。

 魅力として真っ先に挙げられるのは、自然を満喫しながら爽快にスポーツできるところです。
 ↓は矢板の森林の写真です。
 どうです?心地よく体を動かせそうですよね?

yaita.jpg

 また、年齢、性別、距離によってクラスが分けられているので誰でも楽しめるというのが大きな魅力ですね。
 もちろん、新人クラスも用意されているので未経験者でも何も心配ありません。

 他には、いつも新鮮に感じられるところが魅力の一つですね。
 オリエンができる場所はたくさんありますし、同じテレイン(地図が作成される地域)でオリエンするときもいつも異なったコースなので飽きることはありません。
 テレインによって森林や地形などの自然の特徴が違ったりもするので、その違いを見つけ出すのも楽しいですよ。

 競技しているとき以外にも大きな魅力があります。
 競技外の一番の魅力は、オリエンティア(オリエンをする人)同士の交流ではないでしょうか。
 OLT内はもちろん(↓は宿泊所での写真)、大会や対抗戦では他クラブの人とも仲良くなれます。
 オリエンティアの中にはノリがよく面白い人もたくさんいるので競技しているとき以外も楽しく過ごすことができます。

 gasshuku.jpg


 こんな感じで、簡単に書いただけでもこんなに魅力があります。
 もちろん、これ以外にもまだまだ魅力はあるので、新歓特設サイトを見るなり、検索をかけるなりして他の魅力を探してみてください。
 魅力を見つけるには、実際にオリエンを体験してみることが一番確実なんですけどね(笑)
 

 最近のOLTの活動についてですが、2月27日(水)に部室の大掃除を行いました!
 OLTの部室はもともと広いですが、片付けたことによってさらに広くなったように感じられます。
 ↓は大掃除中の写真です。
 大掃除後の部室を見たい人は実際に部室に訪れて、自分の目で直接確かめてください(笑)
 いつでも歓迎しますよ♪

bushitsu.jpg
この記事のURL | オリエンテーリング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。